宮沢湖最新情報ブログ

<< 遊びボート、カヤック・カヌー遊びができるようになりました!! | main | 第2回ワカサギ定期調査 >>
ちょっと早いですが、今季のワカサギの様子をお伝えします。
0
    皆様こんにちは。支配人の齋藤です。
     
    久々に今日は宮沢湖のワカサギについてツラツラと書かせていただきます。
     
    ワカサギ釣りファンの方がこの夏真っ盛りに一体どのような心境なのか、多少「謎」な点も多々ありますが、熱心な方はすでにシーズンインに向けて、準備中なんて方もいらっしゃることでしょう。
     
    でです、今現在の宮沢湖のワカサギの発育状況その他わかる限りの詳細を書かせていただきます。

    まず、放流量ですが、今年は春時季に7000万粒の発眼卵の放流を行っています。

    放流の方はトラブルなく順調に完了し、その後、今現在もトラブルなく日々すくすく育ってくれている状況です。

     
    毎日、午前午後の2回、水温計測と酸素濃度計測もしていますが、表水温はかなり高くなっているものの去年のような酸欠症状も出ていません。
     
    現在の魚のサイズは当歳魚(今年生まれた魚)で3センチ〜6センチ程度です。

     
    年魚(去年の生き残り)も十分居るようです。

    年魚は12センチ〜13センチとかなりのサイズです。

     
    これが現在の状態ですのでこのまま、解禁までトラブルがなければ、かなり期待ができるのではないでしょうか。
     
    そしてこのような期待できる状況も踏まえたうえで、今季は、ちょっと新しい試みといいますか、解禁前から、ワカサギ情報を定期的に発信できたらと思いました。

    そもそも、ここ宮沢湖に来ていただくお客様は毎年、解禁の11月1日から状況把握(準備運動)のような形で釣りが始まり、本格的にシーズンが始まるのは11月中頃のような気がしています。

    この情報発信で、その「本格スタート」が半月でも前倒しできて頂ければ幸いです。

     
    具体的には、魚のサイズによる針のサイズや仕掛け、オモリの重さ、エサ、そしてここ宮沢湖でのワカサギ釣りの核とも言える魚の付き場などなど、事前に少しでも前情報があればだいぶ準備も楽でしょう。
     
    という訳で、この事前調査をエキスパートの方々に協力していただこうと思い、数名ですがこちらから声をかけさせていただきました。
     
    この3名に定期的に、状況を確認していただき、個人的な「今年の宮沢湖の状況」を各自ブログにて告知していただくと言う形をとらせていただきました。
     
    もちろん、御三方とは別に、当ブログでは、私、齊藤も状況報告ができたらと思います。

    正直、自分は上記3名とはワカサギ釣りの知識、テクニック、共に全く及ばない人間ではありますが、だからこそ初心者目線で情報が発信できたらと思っています。

     
    ですので、ぜひぜひ、こちらのブログも定期的にチェックして頂ければと思います。
     
    今年の宮沢湖ワカサギ釣り、ぜひぜひご期待下さい。
     
    今のところ、順調そのものです。
     
    では、宜しくお願い致します。
    | 2014年ワカサギ最新情報 | 19:10 | - | - |
    宮沢湖フィッシングエリア MIYAZAWAKO FISHING AREA
    宮沢湖フィッシングエリア オフィシャルホームページ
    宮沢湖最新釣果ブログ
    宮沢湖スタッフブログ
    カレンダー
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    最近の投稿
    カテゴリー
    過去の投稿
    サイト内検索
    モバイル
    qrcode